魔道学研究所 x264guiで最新のx264を使おう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

x264guiで最新のx264を使おう!

なんというか自分が使ってるのはx264guiexでx264guiの紹介ばっかりしても仕方がないのかなぁとか思ったので書いてみる
x264guiから入れ替えるメリット。
最新のverのx264が使える,それによって使えなかったオプションが使えたり圧縮率や画質が若干上がってたりする。
また色空間や--rc-lookaheadが基本的な設定の中に入っており簡易的に行えるようになる,音質のプリセットが増えている,ログに設定したコマンドラインが表示される等便利な事が多いです。
デメリットとしてはx264guiに慣れている人はインターフェイスで戸惑う事があるのと前のx264.exeを使用して保存した設定が持ち越せないぐらいですかね。

x264guiexの開発はx264guiの元々の制作者seraphy氏を継いで?rigaya氏によって行われています。
ホームページ


導入
まずこちらより最新のx264guiexをダウンロードします。後はれどめをよめb…


とりあえずaviutlとx264guiが入っている人はここから先の線から線まで飛ばして下さいほぼコピペです

導入(ここから全て落としていって下さい)
まずはaviutl本体をダウンロードaviutl99OOO.zipと書かれた物の中で一番新しい物をダウンロードします
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

Direct show h264やMPEG4でエンコードされているものをaviutlで開くことが出来ます。
http://www.tenchi.ne.jp/~yoko/aviutl/index.php?DirectShow%20File%20Reader%20%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3%20for%20AviUtl

Nero AAC enc 音声エンコードを行う部分です。ダウンロードを行うには規約に同意したうえにメールアドレスが必要です(が教えたくないならばa@aa.jpなどでもダウンロードできます。)
http://www.nero.com/ena/downloads-nerodigital-nero-aac-codec.php

リサイズフィルタ その名の通りリサイズフィルタ 付属の物より機能豊富で綺麗に変換出来ます。
ダウンロードはResizeFilterOO.zipより
http://nilposoft.info/aviutl-plugin/

そしてダウンロードしたこれらを全てaviutlのルードフォルダ(aviutlOOって書いてある最初のフォルダ)中にぶちまけます。フォルダに入っている物も出してからいれてください(まあ.txtはどうでもいいですが…)
aviutlフォルダ      aviutlフォルダ2
before                    after
大体こんな感じになると思います。

ここからは先述のx264をaviutl上で動かす為のものです。1つ1つインストールしていってください(できないものはしなくていいです。入ってると思うので)マイクロソフトだから安心だねっ!
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=0856EACB-4362-4B0D-8EDD-AAB15C5E04F5&displaylang=ja
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=39C8B63B-F64B-4B68-A774-B64ED0C32AE7&displaylang=ja
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=A5C84275-3B97-4AB7-A40D-3802B2AF5FC2&displaylang=ja


aviutlフォルダ内でsrc.7zを解凍してください。
解凍出来ない方はwinrarlhaplusでもインストールしてダブルクリックしてもらえると解凍出来ます。
次にx264.exeをこちらより32bit 8bit-depthか64bit 8bit-depth(使用しているOSの方)をミラーサイトからダウンロードします。
※現状10bit版は対応出来ているプレイヤーが無いため再生できません。

またx264guiでは備え付けられていたため必要の無かったmp4boxも必要です こことりあえずDownload from mirror (direct link)辺りを押してダウンロードします。
これらはバージョン管理などもあります?し他のフォルダに存在しても特に問題が無いので好きな場所に入れます。

まあそんなこんなでaviutl起動
とりあえず普通に初期設定をします。今回ダウンロードした物を選択して下さい。全てexeファイルです
プラグイン    プラグイン2    プラグイン3


使う上でx264guiと場所が大きく変わっててちょっと戸惑うかなぁって物 bframeは前の使ってた人だとかなりわかりにくいよね
シーンカット   bframe

とりあえずこれで導入は終了
--rc-lookaheadとか-vbv-maxrate --vbv-bufsizeとか使えるよおこの2つはとてもよく使ってます…
--rc-lookaheadはmbtreetをどのぐらいの範囲(フレーム数)で見て変動させるかの設定(大きくするとメモリ使用大&1パスが遅くなる当然綺麗になる)
--vbvは最大で使用できるビットレート量を直接指定できる。大体そのソースがどのぐらいのビットレートを必要とするか分かってる時に明らかに大きい部分を削るときに便利
許容出来るビットレート量が決まっている場合(ABRで出力する場合)爆発シーン等とてもビットレートを食うシーンで使用するビットレートだけを局部的に減らすことが出来る。そのため他のシーンに多くビットレートを使うことが出来る。これは特にビットレート変動量--qcompを高い値に置いている場合に効果が大きく品質基準の味を濃くしつつもあまりにも食い過ぎな部分を潰すことが出来る。
普通にVBRを使う場合でも再生機器の能力が追いつかない等の理由がある場合は便利
自分はABRを指定する場合は指定ビットレート量の2.5倍までを設定することが多いです。
-vbv-maxrate 10000 --vbv-bufsize 10000みたいに設定してね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

めいたむ

Author:めいたむ
過去に書いたことが半年後には黒歴史あると思います。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウントァー!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。