魔道学研究所 ニコニコ動画にflv+mp3で動画を上げる(高音質低画質)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコニコ動画にflv+mp3で動画を上げる(高音質低画質)

まず上げるメリットは圧倒的に音質です。
静止画+高音質音声を出力したい場合はAVC+AACよりもずっと優れた結果が得られるはずです。
音声を180kbps以上にしたい人用です。AACではそれ以上はほぼのびませんので

本当はAVC+oggMP3が最高なのですがニコニコ動画では弾かれてしまいます。zoomeだと強制AVC+AACですが…
音質的にはAACの320kbps<MP3の200kbps、高音質だと言われているATRACPLUSにもMP3は負けているビットレート帯は無いといわれてます。
oggにはいろいろ負けまくりですがそもそも上げられるサイト無いしMP4はコンテナで使えないし…日本ではMP4が多いですが海外ではmkvが主流なのよね
何故ならAACは18khz以上を取り除いているのとかなりフィルタをかけているので高音域ではかなり差があります。
あるだけで分かるかどうかは再生機器と本人によりますが…まあ補完をしている場合でも高音域が強い音楽では差があります。あとエコノミー回避基準が比較的緩いのでエコ回避しつつ高音質が可能です。

デメリット
マルチコアに対応してないのでそれなりの品質にしようとすると1コアでx264のtesa+ref16をエンコしてるぐらい重い癖にx264のdiaに劣り特に動き予測を失敗することが多い、スマートフォンなどで直接再生出来ない場合がある
ただし静止画では画質は考える必要はないです。普通に綺麗だから。”普通に”ね

まずaviutlでx264のエンコ環境が整ってない人はここを参照にaviutlを導入しましょう。まあ…x264は今回いらないんだけどね

次にAviutlにFLV (VP6/MP3) 出力を導入しましょう。
まるも製作所ここよりFLV (VP6/MP3)をダウンロードしてAviutlのルードフォルダに解凍します。

次が一番厄介なのですがVP6エンコーダを手に入れます。
何が厄介なのかというとx264が主流になってからどこもリンク切れになっていたり最新版にはVP6が省略されておりダウンロードリンクが残っているところがほとんど無いこと。
探しましたよええ…Klite Codec pack 3.90(FULL)
ここよりミラーサイトからダウンロードおよびインストールおねがいします。
インストール時このような画面が出た場合は全ていいえを選択して下さい。
iie1
あとは途中まで普通にインストール
iie2
ここまで来たら上の設定でdecelect allを選択してチェックを外しVFWvideocodecよりVP6のみ選択します。
iie3iie4
これでVP6の設定は終わり。AviutlでVP6出力が使えるようになっています。(設定はまだですが)

次にAviutl側の設定をします。x264と大して変わりませんが…
まずは設定を開き圧縮プログラムをVP62なんとかかんとかに変更
flv設定1
次に2パスのチェックを入れ1パス目を設定します。
といっても弄るのはビットレートと2パスの1パス目って設定ぐらいですが…advancedも弄る必要は無いです。
だって今時解説してるサイトないしそんなに画質重視っていう記事じゃないし…
flv設定2flv設定3
2パス目の設定は2パスのベストクオリティだけを選択すれば大丈夫です。グッドクオリティでもいいけど
flv設定4
あとは普通にエンコード
音声が無い?ファイル→WAV出力でWAVを出しておきましょう。次でその音声をエンコードします。

次にMP3の変換設定をしましょう。
使うのはlameエンコーダ
ここよりlameエンコーダをダウンロードします。大抵一番上です。
あと注意なのが3.99 10aより3.98.4のが新しく音質がずっと良い点です。アルファバージョンで音あまり弄られてないからね

次にそのlameエンコーダの設定を渡す為のアプリケーションを入れます。
life.exe
とりあえずlameの解凍したファイルの中にlife.exeを入れておきます。

設定はレンチみたいなアイコンを押して行います。
設定はこんな感じでおねがいします。
life
設定するとこ
MP3設定1のみ設定すれば良いです。
プリセット指定しない、サンプリングレート入力と同じ 右のボタンのVBRをクリック、最低ビットレート32kbps
ビットレート音質0、最高ビットレート320kbps、エンコード速度0、チャンネルモードジョイントステレオ
とりあえず全部設定しといてください。特にジョイントステレオやビットレート音質を設定してないと音質は落ちます。
大体これで最高音質かつ最低サイズで出力してくれます。気になるならCBR 320kbpsのJSを設定しとこう。ほとんど意味ないけど。

最後は結合になりますがオススメされているアプリはなんかバグが多いのでMediaCoderでくっつけます
インストールしていろいろ面倒くさいのが出ますがとりあえずアプリ起動
初めは右下に常駐してます。
まずは上の大きな空白に先ほど出来たFLVファイルを入れます。
次に左下の設定項目でVideoを選択。copy videoのチェックを入れます。
mediacoder1
audioでcopy audioを選択。一番下のチェックをするとその音声を選択に移ります。
mediacoder2
containerよりflvを選択
mediacoder3
あとは上のSTARTって書いてあるのを押せば終わり。


X264のように1発で出力出来ないのが問題ですが出来れば大きな容量を取ってもMP3で上げたいって人向けですねぇ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変有益な記事を有難う御座います。

一つ質問があるのですが。

>>といっても弄るのはビットレートと2パスの1パス目って設定ぐらいですが…advancedも弄る必要は無い

ここのビットレートは、どのくらいを目安に設定すればいいのでしょうか?

名無しさん。
x264と同様の画質を得ようとするのならそれの約2-3倍、静止画なら5-10倍ほど必要です。
かなり古い記事なのとあまり知識が無かった頃に書いたものなのでちゃんとしたエンコーダを使えばAACがmp3より音が悪いということはどのビットレートでもまずありません。(20khzより高い音が普通に聴こえるならまた別ですが…)
neroと比較するならlameは悪くはありませんが無劣化以外で高音質を狙うならqaac辺りでググって下さい。
aviutl+x264guiexで使えます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

めいたむ

Author:めいたむ
過去に書いたことが半年後には黒歴史あると思います。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウントァー!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。