魔道学研究所 アラド戦記向けh264+AAC動画の作り方part1 録画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラド戦記向けh264+AAC動画の作り方part1 録画

なーんとなく画像も自由に入れられるのでこっちでも書いてみようかなぁと思って
まずこれはamarecocoliteとaviutlを使いamv2mt又はamv3で録画、x264とneroaac-encでエンコードします。
アラド付属の録画環境の他に入れるには大きなメリットがあります

メリット。綺麗(付属のは相当ノイズが乗ります),音声がまともに撮れる,安定性が高い,fpsを自由に設定出来る,非常に軽い,30fpsに強制的に同期されるのが防げる,amv2/amv3以外のコーデックも使用可能,無料

デメリット。動画サイズが大きくなる(yuv422無圧縮だと1GB/1min程度),無料だとロゴが入る普通に消せるけど

とりあえず最初はh264の再生環境を入れておきましょう。
ffdshow
http://sourceforge.jp/projects/ffdshow-tryout/releases/
clcidと書かれた物を落としてインストールします。64bit版のosを使ってる人はx64と書かれた物でおねがいします

Haali Media Splitter
http://haali.su/mkv/
これを入れることでついでにmkvも再生することが出来るようになります。
直リンクはこちらからhttp://haali.su/mkv/MatroskaSplitter.exe
これでWMPなどでも再生することが出来るようになります。


次に録画環境を手に入れましょう。
amv2mtおよびamv3コーデック
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/art/se460917.html
シェアウェアですが左下に透かしが入るだけで無料で使えます。あとごにょごにょすると消せます…part2にて後述
こちらを使用する際の注意点ですが初回起動時にvista以降で動作しません等と警告が出てきます。shiftキーを押しながらokをクリックすると無視出来ます。
しかしこれは管理者権限が無いと動かないこともあるということなので設定しておきましょう。UAC切った方が安定するけどね
AmaRecLite.exeを右クリックしてプロパティより互換性タブを選択、特権レベルの項目の管理者としてこのプログラムを実行するにチェックを入れます。
プロパティ²プロパティ

次にアマレココの設定をしましょう。
起動するとまずはこのような小さなウィンドウだけが出てくるので設定をクリックします
ama1
続いて絶対に設定しておいた方が良いのがここ。チェックが付いていると録画した際に非常にうざったいです…
ama2



録画の設定
録画の設定ですがオプションを弄る前にサウンドの設定をしておかないと撮ることが出来ません
まずは音声設定よりサンプリングレートとビット数をチェックしておきます
音声設定
次にコントロールパネルよりサウンドの設定を開きます
メニューバー → コントロールパネルホーム → クラシック表示

このような画面になるとおもうので左下に緑色のチェックマークが付いているものをダブルクリックします
サウンドの設定
詳細設定よりOOKhz OObitとなっている筈なのでそれを覚えておいてウィンドウを閉じます。
スピーカーの設定

それを前述のここに同じように設定してください。
音声設定


最後はビデオの設定をします。
ビデオ
フレームレート、カラーフォーマットはお好みで設定。当然フレームレートは上がるほど,カラーフォーマットは32bitの方が重くなります。
最初の内は30fps、32bit辺りに設定しておきましょう
続いてamv2mtかamv3の設定をします。大体core2duo2Ghzもあればどちらを選択しても良いのでamv2MTを選択、その横にある設定を選択します。どうしても録画してみて重いならamv3を選択しましょう
後述のaviutlは色空間の内部処理がamv2で使われているyuy2で行われる事からもamv2が綺麗になります。


amv2mt
キーフレームはエンコードしてしまうために大きくした方が圧縮率が高くなります。とりあえずフレームレートの10倍ぐらい(300~600)
続いてエンコードのブブンのコア数を最大にしておきましょう。動作が安定します。
圧縮の部分はYが先頭に付いてる物の中でお好みで。一番上の設定だと大体1分で1GB消費します。
でも毎回エンコして消せばどれだけ撮っても問題ないね!
Rと頭についてるのはRGBでの録画ですがaviutlでx264エンコを行う場合yuy2の方が綺麗な為メリットは無いです。

仕上げ
高度な設定
こう設定しておくと安定度があがる。

これでdirectxを使ったゲームを起動した後にアマレココを起動するとゲーム側に数字のような物が表れるのでF9を押すと録画が出来ます。止めるのもF9です。キー設定を変えるのであれば全般タブでおねがいします。




録画のよくあるトラブル
たまに変なエラーが出て録画出来なくなるときがあります。ゲーム内でキャッシュされたメモリが大きすぎるので1度ゲームを再起動すれば撮れる場合が多いです。

続きは下からどうぞ
aviutl導入
エンコード
細かい設定
amvロゴ透かし方

コメントの投稿

非公開コメント

コメント失礼します。

やはりAviutlでエンコードする際はYUY2の方が良かったんですね・・・。

参考になります(`・ω・´)

Re: コメント失礼します。

いや確かにaviutlで編集する際は編集画面の補完を考えてyuv422(YUY2)で入力するほうがいいけどx264での出力がyuv420である以上そこまでは変わらんよ。まあ入力できるならやるに越した事はないけどね。
あと出力がx264でもRGBで出力する、YUV444で出力する、yuv422で出力するって際はそれにあった入力をするのが基本ね(録画の段階でその形式にしておくってだけ)
プロフィール

めいたむ

Author:めいたむ
過去に書いたことが半年後には黒歴史あると思います。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウントァー!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。